HINOKIを使うこと

「日本の家具を変えてやる」その言葉に込めた想いを、
改めて、私たちが何に挑んでいるかを、記しておきます。

有用な材料として、広く植林されたヒノキ・杉ですが、
輸入材との対抗、住宅事情の変化などで、過剰供給気味となっています。
その結果、値崩れがおき、森林所有者の意欲の低下、高齢化などから山は、手入れ不行届きな現状にあります。

私たちは、これまで主に建築に使われてきたヒノキを、
表舞台へと送り出すべく、ヒノキの家具に挑んできました。

本来、愛されたが故にたくさん植えられたはずの、ヒノキや杉が、
なぜ積極的に家具材として利用されてこなかったか。

それは、よく言われる「強度」の問題ではなく、「文化」の問題であったように思います。
イスなどの家具を日本人が一般的に使うようになったのは、最近のこと。
イスもイスを作る技術も、西欧から輸入されたものです。
これまで家具職人は、その教えを守るかのように、広葉樹で家具を作り続けてきました。

また、歴史的に見れば、ヒノキは最高級の木材であり、木曾では「木一本、首一つ」というほど、大切にされていました。
まっすぐで木目も美しく、加工しやすいヒノキは、主に寺社仏閣の材料として使われ、一般庶民の使える材料ではなかったのです。
杉は、通直で、柱や板にしやすい材料として、大変有用なものでした。
今は、プラスチックに代わっているものも多いですが、
土木や建物から生活の道具まで非常に多用されたため、供給量が追いつかない頃もありました。

しかし、今、世界を見回せば、なくならない違法伐採、日本を見渡すと、溢れる針葉樹資源という現在があります。
それはただ嘆くことではなく、ヒノキや杉を豊かに使うことを、皆が許された初めての時代なのです。
改めて見直せば、日本には指物など、針葉樹をうまく使う技術も、愛する素地もある。

私たちは、この「現在」に立ち会ったものとして、積極的に針葉樹の家具にチャレンジしてきました。
伝統的な木組みの技術を応用し、また、海外の新しい考え方も取り入れ、
そして、何より「日本人」の体型に向き合って、形を生み出してきました。

そしてついに、皆さんに胸をはって、
「これが日本の新しい家具だ」と言える、ヒノキのイスを作ることが出来るようになりました。

単なる地域産材利用にとどまるつもりはありません。
デザイン・実際のすわり心地にも、徹底的にこだわっています。

「日本の家具を変えてやる」
それは、ヒノキの家具を、皆が使える時代の幕開けです。

是非、その目で確かめてみてください。
おじいちゃんたちの世代が植え育ててくれた木に、どれだけの可能性があるか。
日本は木の文化だと言われます。
中でも、大切に想い、植え、育ててきた、ヒノキ・杉。
その魅力をDNAで感じて欲しい。

そして、私たちの時代の木の文化を、一緒に作っていきましょう。
そして、一緒に、次の世代の山を、森を見ませんか?
IMG_6316

ページ上部へ戻る